病気や怪我等は、その原因により法的対応が異なります。

宮崎はまゆう法律事務所に、一度ご相談下さい。



プライベートな時間に交通事故により怪我等をされた場合


交通事故ではなくプライベートな理由で怪我や精神的な病気になった場合

健康保険に加入している方は傷病手当の申請ができます。

健康保険に加入していない方であっても、障害年金を受給できる可能性があります。

「そもそも精神・知的障がいでも障がい年金はもらえるのでしょうか。」

「ずいぶん昔から精神的な病で苦しんでいますが、初診日などがわかりません。あきらめなければならないのでしょうか?」

「相談窓口で申立書をもらったが、どう書いて良いのかわからない。または、自分で書くことが出来ない。お願いすることは出来ないのでしょうか?」

 

 梶永は年金相談員として年金事務所での勤務経験もありますので、安心してご相談下さい。


仕事中や通勤中に交通事故が原因で怪我した場合

労災申請をするか、民間の損害馬券を使用するかは、ケース・バイ・ケースの判断です。


仕事が原因で怪我、過労死、過労自殺をした場合

労災の申請を代行します。

審査請求及び再審査請求を積極的に行っています。

また、使用者に注意義務違反が認められる場合には、慰謝料請求等を同時に行います。

詳しくは、宮崎はまゆう社労士事務所のHP