学校・児童相談所のトラブル


学校でのトラブル

退学や原級留置処分

■任意交渉・話し合い

学校と交渉し自主退学勧告の撤回等を目指します

■保全手続

現在の地位を仮に確保し、又は処分の執行を停止させます

■訴訟

在学地位の確認の訴え(公立の場合には処分取消訴訟)の提起

いじめ・スクールセクハラ

■学校に対するいじめ調査の要請

■加害者である生徒や教師に対する刑事告訴や損害賠償請求

学校内事故

■損害賠償請求


児童相談所とのトラブル

■法律相談及び帰宅へ向けてのアドバイス

通常は60分以上の時間を必要とします。

■児童相談所申立に対する代理人活動

■行政不服審査

一時保護決定や入所決定に対して行政上の不服申立を行います

Q行政不服審査とは

■取消訴訟


児童相談所からの相談

■法律相談

■児童福祉法第28条措置、親権停止や未成年後見人選任の申立て等の法的対応

ただし、困難事件であることから、弁護士費用は通常より高額になることを予めご了承下さい。

■親権、養子縁組や個人情報保護等の法的業務に関する職員向け研修 

などを行うことができます。


学校等からの相談

顧問業務

月5万円~10万円(消費税抜)

校則の作成や改正,教師の労務管理,滞納授業料の回収,その他学校内における法的問題を継続的に対応します。

また、スクール・コンプライアンスの観点から事前の対応を図ります。