刑事事件

刑事事件(起訴前弁護、起訴後弁護、裁判員裁判、控訴審、上告審等)

少年事件(家裁送致前後弁護等)

犯罪被害者支援(刑事告訴・告発、被害者参加、損害賠償命令)

宮崎県内であれば即日対応します。

情状酌量を求める自白事件のほか、無罪主張をする否認事件も数多く取り扱っています。

また、勾留請求に対する不服申立、保釈請求も積極的に行い、早期の身柄解放に尽力します。

少年事件も数多くの取扱実績があり、示談交渉等も積極的に行います。


依頼するか悩んでいる場合

弁護士接見の依頼だけをすることもできます。

【一回の接見料金(日当・交通費込み・消費税抜き)】

宮崎北警察署・宮崎南警察署・宮崎拘置所・宮崎鑑別所 3万円

日向警察署高鍋警察署高岡警察署西都警察署都城警察署 4万円

小林警察署日南警察署 5万円

延岡警察署・串間警察署 6万円

高千穂警察署 7万円

県外 別途協議

【受任内容】

即日接見(弁護士が、被疑者が拘束されている警察署まで行って、相談に応じること)

接見後の依頼者への報告


依頼した場合の弁護料金

【弁護料のご注意点】

以下の料金は、弁護士1名で対応した場合の標準額(税別表示)です。

実際の金額は、事件の性質や事件処理にかかる時間、対応する弁護士の人数などを踏まえて、話し合いの上決定します

前田弁護士への依頼費用は別途見積もりのうえ、決定します。

【受任内容】

接見(弁護士が、被疑者が拘束されている警察署まで行って、相談に応じること)

接見後の依頼者への報告

示談

身柄解放など

【接見費用】

事件受任後の接見は、接見回数にかかわらず、接見料金はいただきません。

ただし、以下の警察署の場合には接見に行くごとに、以下の日当(税抜き)を頂戴します。

日向警察署・高鍋警察署・高岡警察署・西都警察署・都城警察署 5000円

小林警察署・日南警察署 1万円

延岡警察署・串間警察署 2万円

 

高千穂警察署 3万円

着手金

起訴前(被疑者)弁護 15万円(税抜) 

起訴後(被告人)弁護、少年付添人弁護 15万円(税抜) 

その他の事件(上訴及び再審請求事件)30万円(税抜)

 を標準額とし、これに以下の加要要素に対応する加算額を加算した合計額とします。

 

 

 

 

加算要素

加算額 (税抜)

余罪が追起訴,追送致され,捜査の対象になった事件

1事件につき5万円

関係者との交渉を要する事件

10万円

共犯者のいる事件

5万円

公判前整理手続き、期日間整理手続きにふされた事件

20万円

否認事件(公訴事実の一部否認も含む)

1事件につき10万

接見禁止の全部もしくは一部の解除の申請

1事件につき5万

保釈請求,勾留決定等に対する準抗告等の申立

1事件につき5万

成功報酬金

 

 

結果

報酬金 (税抜)

勾留請求却下、勾留取消、準抗告認容等により釈放された場合

15万円~

保釈請求が認められて釈放された場合

10万円~

不起訴になった場合

30万円~

求略式命令の場合

10万円~

求刑の3分の2以下に刑が減軽された場合

20万円

起訴日から7年以内に執行猶予付判決、又は3年を超える求刑を受けた場合に,執行猶予付判決を得た場合

30万円~

公訴事実の一部につき無罪となった場合

50万円~

公訴事実の全部につき無罪となった場合

100万~300万円

検察官の上訴が棄却された場合

20万円


弁護士費用シュミレーション

(ケース1)

配偶者が覚醒剤所持罪で日向警察署に逮捕されたので、被疑者弁護を依頼した。弁護人が配偶者と接見し、勾留決定に対して、準抗告したものの、認められることなく、結局、起訴された。そのため、被告事件の弁護を依頼した結果、執行猶予となった。接見回数は、被疑者段階では日向警察署で5回、被告人段階では日向警察署で1回、宮崎拘置所で1回の合計7回行った。

着手金

 起訴前(被疑者)弁護標準額15万円+準抗告5万円

 起訴後(被告人)弁護標準額15万円

 接見日当 日向警察署6回×5000円=3万円

成功報酬金

 求刑の3分の2以下に刑が減軽された場合 20万円

(ケース2)

配偶者が万引の罪で突然逮捕されたので、被疑者弁護を依頼した。弁護人が配偶者と接見をしたところ、配偶者は罪を認めているため、被害店と示談を成立させた結果、処分は不起訴になった。

着手金

 起訴前(被疑者)弁護標準額15万円

 関係者との交渉を要する事件10万円

成功報酬金

 不起訴になった場合 30万円

(ケース3)

成人の息子が、知人と一緒に恐喝の罪で逮捕されたので、被疑者弁護を依頼した。弁護人が息子と接見をしたところ、息子は罪を否認していたため、接見によりアドバイスをし続けたもの、息子は起訴された。そのため、被告弁護事件も依頼したうえ、すぐに保釈請求をし認められた。また、恐喝事件は無罪となった。

着手金

 起訴前(被疑者)弁護標準額15万円+共犯事件5万円+否認事件10万円

 起訴後(被告人)弁護標準額15万円+共犯事件5万円+否認事件10万円+保釈請求5万

成功報酬金

 保釈請求が認められて釈放された場合10万円~

 無罪100万円~300万円