県民から末永く親しまれる事務所でありたい

その思いから、県花である「はまゆう」を事務所名にしました


▇弁護士・社会保険労務士

梶永 圭(かじなが けい)


1970(昭和45)年10月31日生

日弁連公設事務所・法律相談センター委員会幹事

宮崎県弁護士会刑事弁護委員会委員

住宅紛争委員会委員 等


執筆

「判例に学ぶ消費者契約トラブルへの対処」(長崎県弁護士会消費者委員会) 共著

略歴

2008(平成20)年9月  弁護士登録  弁護士法人北千住パブリック法律事務所入所

2010(平成22)年1月  壱岐ひまわり基金法律事務所開設

2012(平成24)年5月  宮崎県弁護士会登録  宮崎はまゆう法律事務所開設

         同年6月  宮崎県社会保険労務士会登録

2016(平成28)年1月  宮崎はまゆう法律事務所から社労士業務を分離し法人化

               社会保険労務士法人はまゆう設立

 私の両親とも宮崎県出身で、私も小学生の頃まで都城市で過ごしました。東京で弁護士をした後、壱岐の島という離島に渡り、壱岐ひまわり基金法律事務所を開設・運営をしていました。

 壱岐ひまわり基金法律事務所所長の任期が終了したことにより、平成24年5月、地元宮崎で宮崎はまゆう法律事務所を開設するに至りました。

 前事務所でも,「弁護士のバリアフリー」をキャッチフレーズに,島民と弁護士の垣根を取り払うことを第一に取り組み,年間250件以上もの法律相談をさせて頂きました。当事務所も県民から末永く親しまれたいとの願いから、県花である「はまゆう」を事務所名にしました。


 離島では、離婚や借金などの争いごとの相談だけでなく、様々な法律相談を受けました。そのひとつに中小企業の方からも経営の相談も多数受け、弁護士業務だけでは中小企業の日々の悩みを解決することができないことを痛感しました。

 そこで、宮崎はまゆう法律事務所を開設するに際して、弁護士及び社会保険労務士として幅広いリーガルサービスの提供をすることを決意しました。


ダウンロード
東弁往来 壱岐ひまわり基金法律事務所.pdf
PDFファイル 4.2 MB
ダウンロード
長崎新聞平成24年2月19日朝刊
「ワンからツーヘ」.pdf
PDFファイル 405.9 KB

 *弁護士法人北千住パブリック法律事務所とは、刑事事件を担う刑事対応型の都市型公設事務所として、全国で初めて設立され、裁判員裁判事件を始めとする刑事事件を積極的に引き受けている事務所です。また、事務所の検討会や弁護士会や刑事弁護フォーラムなどの研修等を通じて刑事弁護のノウハウの普及にも努め、弁護人が解任された事件等対応が困難な事件にも積極的に取り組んでいます。

ひまわり基金法律事務所とは、弁護士がいない又は少ない地域に日本弁護士連合会等の援助により設置される公設事務所のことをいい、原則として2年から3年間を任期として弁護士が派遣されます。 


▇弁護士 川越 一彦(かわごえ かずひこ)

 宮崎県弁護士会所属

 

刑事弁護委員会委員

消費者委員会委員 

子どもの権利委員会委員等

 

【略歴】

1978(昭和53)年 宮崎市生まれ

 1997(平成9)年 宮崎西高卒業

2014(平成26)年10月 弁護士登録・宮崎はまゆう法律事務所入所

高校時代は、硬式テニス部に所属していました。

大学時代は理工学部に進学したものの、その後、法律の世界に足を踏み入れることになりました。物事を分析的に考える癖がついているのも理系出身だからかもしれません。


▇弁護士 前田 裕司(まえだ ゆうじ)

日弁連刑事弁護センター委員(元委員長)

日弁連取調可視化本部副本部長

日弁連国選弁護本部委員(元本部長代行)

刑事弁護フォーラム 代表世話人

獨協大学法科大学院特任教授

 

 略歴

1977年4月 弁護士登録

1989年9月 東京弁護士会から宮崎県弁護士会へ登録替

1998年4月 東京弁護士会へ登録替

2004年4月 都市型公設事務所北千住パブリック法律事務所の所長に就任

2009年4月 東京ディフェンダー法律事務所へ移る

2015年4月 宮崎はまゆう法律事務所へ移る